Home > Impression > 映画 > シャーロック・ホームズ(2009年・アメリカ/イギリス/オーストラリア)

シャーロック・ホームズ(2009年・アメリカ/イギリス/オーストラリア)

★★★★☆4

だいぶ経つのですが、そういえばシャーロック・ホームズを観てたのでした。
シャーロック・ホームズを演じるロバート・ダウニー・Jrがかわいいのです。おじさんだけど。

シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-07-21)
売り上げランキング: 4
おすすめ度の平均: 4.0
5 原作ファンこそ…
5 これまでのイメージを覆すホームズ
5 とってもお得!!
4 2枚セットに評価大!!!
4 肉体派
何かの映画を観たときに、銃をバンバン撃ったり大爆発が起こってたりする予告編をやっていて、「俺の知ってるホームズじゃねえ」と興味が沸いていたんですよ。
で、観てみた感想は、思ったより「俺の知ってる」ホームズでした。
もちろんアレンジがバリバリはいってるわけですが、原作でもホームズは部屋で銃をぶっぱなすし、アヘン中毒だし、パンクラチオンやってる格闘家な面もあったわけで。
不二子ちゃん(<違)は原作にはいなかった気はしますが。
予想してたより話も地味だしね。
後で知ったんだけど、コミック原作なのですね。へー。

ともあれ、最後まで飽きずに観ることができました。
あまり目新しいような部分が無かったのが惜しいですが、萌え映画としても、BL映画としても、アクション映画としても、なかなか良くできていたんではないでしょうか。

興味深かったのは、魔術や迷信が生きている時代が描かれていたこと。
時代劇であっても、現代風な感覚で演出しそうなところ、魔術を恐れる警官なんかが出てくるのが良い感じ。
そもそもお題の犯罪が魔術を装ってるし。
あとは、伏線を全部丁寧に回収してるのが好感。

しかし、黒幕っぽい顔の出ない人の正体があれってのはさぁ、ナシだと思うんだけどなぁ。
観ながらそうじゃないかと思ってて、そうだったら嫌だなぁと思ってたら、そうなんだもの。
いきなり名前が出てくるのは唐突じゃないのかな?
知らない人が観てたら「なんだそれ?」って感じじゃないの?
アメリカやイギリスの人はそう思わないのかな?
英米人はみんな知ってる常識なのか?
そのへん、日本人のわしにゃわからんですが。
日本だと若い人が知ってるかどうか微妙だと思うんだけども。

シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック
サントラ
SMJ (2010-03-03)
売り上げランキング: 1507
おすすめ度の平均: 4.0
4 映画も音楽も、19世紀テイストな21世紀(逆かな?)

Comments:0

コメントはありません。
Comment Form
Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://innersea.net/sb/sb.cgi/213
Listed below are links to weblogs that reference
シャーロック・ホームズ(2009年・アメリカ/イギリス/オーストラリア) from INNER SEA .net
トラックバックはありません。

Home > Impression > 映画 > シャーロック・ホームズ(2009年・アメリカ/イギリス/オーストラリア)

CURRENT MOON
Search
Profile
Recent Entries
Links
Feeds
Banner

http://innersea.net/sb/img/b01.gif
Others

カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。
track feed

SEO
loading

Page Top